基本スキルさえあれば採用可能

一般的に転職するためには、転職先の業界で必要とされる知識や技術、業界経験などが求められます。即戦力になる能力があるのが明らかでないと採用しないというスタンスの企業も多いですが、ITエンジニアの場合には状況が異なります。

ITエンジニアは転職市場が広く、経験不問で採用しているケースも少なくありません。これは、ITの需要の高騰に比べて人材が不足しているためであり、特にホットな領域では経験のあるITエンジニアだけを募集していたのでは十分なエンジニア数を獲得できず、苦労しているのが現状です。
基本スキルの習得が済んでいるのであれば、現場経験がなくても転職できることが多いのがITエンジニアの転職市場の特色でしょう。そのため、エンジニアとして新しい分野に挑戦したいというときにも、特に問題なく受け入れてくれる職場が見つかります。
IT業界で働いていたものの、自分はエンジニアとしては働いていなかったという人も、少しスキルを磨けば採用してもらうことが可能です。

また、他の業界から転職したいというときには現場経験を積むのは困難ですが、プログラミング言語などを習得して実用的なスキルがある状況なら受け入れてもらえる企業が多数あります。
他の業界で働きたいという人にとって、ITエンジニアになるのは有力な候補と言えるでしょう。ITの成長が続いていく限りエンジニアの需要が絶えることはないので、安心して働くことができます。
もし現段階でITエンジニアについての知識が全くないのなら、まずは代表的な職種やキャリアパスを知ることから始めましょう。
>>代表的な職種やキャリアパス:ITエンジニアとして成功しよう!